どの会社の回線を使用するか

そろそろ光通信に乗り換えないと、時代にもついて行けないと考えておられるでしょうか。 これまではADSL回線などを使ってきたかもしれませんから、光通信を新たに引き込まなければなりません。 そこで、電話回線や光通信というと、真っ先に頭に浮かんでくるのがNTTかもしれません。


たしかに業界再王手ですし、通信業界に他社が参入するまでは独占状態でした。 元をたどれば公社でしたから、いまだに市場で大きな幅を占めているのも当然かもしれません。 しかしながら、光通信に関係したサービスを提供しているのはNTTだけではありません。 現状では大きく分けて3社に分類することができます。


NTT以外にも、auを運営しているKDDIが「auひかり」というサービスを提供しています。 そのほかにも、各電力会社が提供しているサービスがあります。 最近ではよく名前を聞く機会がある「コミュファ光」などが代表例です。 NTTを含めた3つの中から好きな会社へ依頼することができます。


市場のシェア率で行くと、NTTの「フレッツ光」が圧倒的な強さを誇っています。 代理店を通して申し込むと、西日本と東日本では多少の差はあるものの、さまざまな特典を得ることができます。


もし携帯電話をauで使用しているならば、インターネット回線もauのサービスを使った場合と、NTTの場合とを比較してみることもできるでしょう。


auひかりの場合は、プロバイダの種類が少ないなどの点で見劣りするように感じるとしても、基本的に言って通信速度は速く、月額使用料も安いので利用する価値は十分あると言えます。


どの会社の光通信を利用するとしても、会社を決めたならば申し込まなければなりません。 申し込まなければ話は進んでいきません。 まずは会社に直接申し込むか、代理店を通して申し込むようにしましょう。


この際にお得な条件で契約することを考えるならば、代理店間でのサービスを比較するとよいでしょう。 代理店を決めたならば、必ずその会社からの説明があります。 話されることによく耳を傾けて、必要と思えることは何でも質問するようにしてください。


それだけではありません。 実際に回線を使用することになる通信会社からの連絡があります。 そのような連絡を経て、実際の工事の日程が決まります。 工事の日には、実際に自宅の中に引き込みを行なってもらう必要がありますので、立ち会わなければなりません。


ですから、業者にとって都合のいい日にちと、自分にとって都合のいい日を打ち合わせる必要があります。 工事が終われば、その先には快適なインターネット生活が待ち受けています。 そのためには、いま必要な情報を入手して吟味し、そのうえで実際に申し込まなければなりません。

このページの先頭へ