回線の切り替えが必要かどうか

最高のサービスを求めるならば、それには費用が掛かります。 食事にしても、宿泊施設にしても、わたしたちは自分が必要とするものを目的にかなった金額で提供してくれるところにお願いするのではないでしょうか。


光通信に関しては、現時点ではインターネットを使用するための最高のサービスということができます。 しかし、だからと言ってインターネットを利用するすべての人が光通信に切り替えなければならないのでしょうか。 決してそうではありません。


そのサービスに価値を見いだすならば採用することができますし、従来の接続方法で問題がないと思えるのであれば、わざわざ切り替える必要はないかもしれません。


現在のところADSL回線を利用している方が多いと思います。 ADSL回線を光通信と比較するときに、すべての点において光に軍配が上がるというわけではありません。 たとえば、回線の使用料を月額で比較する場合、光の場合は1000円ほど高くなることが一般的に予想されます。


しかし、通信速度に目を向けると、ADSLと光では圧倒的な違いが見られます。 光を使用した後にADSLでダウンロードやアップロードをすると、極端に不自由な状態と感じることがあるかもしれません。


安定性に関しては、光通信の場合では、回線の基地局からの距離に関係なく安定しているのがその特徴ですが、ADSLでは基地局からの距離によってはかなり不安定になります。


しかし、光の場合でもマンションタイプでは、マンションの住人にしようが重なると少し遅くなることもあるようです。 開通に関係する事柄は、ADSLの方がスムーズに進みます。 なぜなら、ADSLは既存の電話回線を使用するため、ごくわずかな工事が求められるだけです。


一方、光通信の場合はまったく新しい回線を引き込む必要があるため、工事に手間がかかることと、申し込んでから実際に工事を行なってもらえるまでの期間が長くなることもあります。


光に切り替える必要があるかどうかは、経済的な側面と共に、光の方がいまの環境で使用し続けるよりもより良い環境を提供してくれるため、そのメリットが多いと判断する場合に変更することができます。


多くの場合、切り換えに踏み切る動機となるのは、通信速度だと思います。 現在の使用状況から考えるときに、もっと高速の通信が必要不可欠であると判断するならば、切り替えるべきでしょう。 しかし、毎日メールをチェックするくらいの使用で、光通信はあまり意味をなさないかもしれません。


勧められるままに最良のサービスを受け入れることもできますが、本当に自分が必要としているものを識別して受け入れる能力もこれからは必要になってくることでしょう。

このページの先頭へ