回線とプロバイダの関係について

これからは光の時代とか、光通信を利用しましょうという話がよくあります。 その一方で、 プロバイダ料金の比較などという言葉も聞かれます。 光通信とプロバイダは一緒のものではないのか、そのような疑問を持つ方が多いのも当然です。


ひどい場合には、実際にインターネットを使用し始めてから請求書が来た段階で、二重請求されていると感じる人もいます。 しかし、これらは二重請求ではありません。


プロバイダというのは、インターネットの接続業者のことです。 それに対して、光ファイバーを使用するためには、回線の使用料を支払う必要があるのです。 それで、そのどちらもインターネットを使用するには不可欠なものなのです。


光通信の使用料は、毎月回線の会社に支払って、インターネット接続をしてくれる会社には、やはり毎月の使用料を支払うというわけです。 プロバイダ料金に関しては、会社によって金額に大きな差があるわけではありませんが、サービスの質には差がある場合がありますので、よく比較検討して決定しましょう。


その一方で、ホームセール型と呼ばれるシステムを採用している会社もあって、その場合は光通信とプロバイダをセットで提供しています。 現在の日本では、フレッツ型と呼ばれる、一定のプロバイダの中から選ぶことができるシステムが採用されています。


光通信をどの会社にするかという点に関しては、やはりNTTが一番信頼できると考える人が多い一方で、最近では他の業者も顧客獲得に向けて必死な営業活動を行なっています。


サービスの比較を行なう場合には、回線引き込みのための工事費、キャッシュバック、長期契約の割引など、いろいろなものを総合的に比較して検討する必要がありますから、一概にどこがもっともすぐれているとは言えないのが現状です。


いまの時点ではADSL回線を利用していて、それほど不満があるわけではないという方も少なくないかもしれません。 それでも、光通信の魅力を一度体験すると、やはり両者には大きな差があることに気付くはずです。


とくに、動画や大容量のデータ通信を行なう時代にあって、ADSLでは限界があるということに気付いているならば、いまのうちに光サービスへの切り替えを行なっておくことによって、ストレスを未然に防ぐことができます。


今後のサービス展開に関しては、正確に予想することは困難ですが、いまの時点では光通信がインターネットを使用するうえでは最高の環境と言えますし、この状態は今後も続いていくことが十分考えられます。


光であることを前提にした種々のサービスが展開される時代に乗り遅れないためにも、この機会に回線の切り替えを検討することができるでしょうか。

このページの先頭へ